FREE AID

機電系エンジニア専門の求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 電気・電子系CADオペレーターはフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!

電気・電子系CADオペレーターはフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!

2024.03.22更新

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

電気設備やプリント基板の設計で活躍する電気・電子系CADオペレーター。需要は十分あるものの、フリーランスとして働けるイメージを持っている方は少ないのではないでしょうか。本記事では、電気・電子系CADオペレーターがフリーランスとして働けるかどうか、現状を分かりやすく解説します。

電気・電子系CADオペレーターとは

まず前提として、電気・電子系CADオペレーターとはどんな仕事かを紹介します。電気・電子系CADオペレーターは、設計者の指示に従い、2次元・3次元CADを使って電気系の図面を作る職種のことです。電気系のCADオペレータというと、ビルや建物の電気配線を設計する「電気設備CAD」が主流ですが、他にも電子回路のパターンを図面に起こす「パターン設計CAD」もあります。

電気・電子系CADオペレーターはフリーランスとして働ける

続いて、電気・電子系CADオペレーターがフリーランスになれるかどうかですが、結論から言うと、CADが使えればフリーランスとして働くことは可能です。電気設計は外注が難しいという側面を持ちますが、CADオペレーターは在宅でも業務しやすい分外注しやすいため、案件が比較的多いです。フリーランスとして働けば、今より高い収入を得られるほか、仕事の時間も柔軟性が増すことから、現状に満足していない方は検討してみるとよいでしょう。

ただし、フリーランスとして働くことはメリットばかりではありません。案件を継続して受注するにはスキルだけでなく、コミュニケーション力や営業力も必要になります。継続して仕事が続けられないと収入が不安定になってしまうリスクも負うことになるので、ある程度デメリットも含めた上で働き方を考えてみるとよいでしょう。

電気・電子系CADオペレーターがフリーランスになる上で求められるスキル

電気・電子系CADオペレーターがフリーランスとして活躍していく際に求められるスキルを紹介します。

2次元・3次元CADに関する知識

電気・電子系CADオペレーターには2次元・3次元CADに関するスキルが必須です。特にフリーランスとして働くなら、CADの機能を使いこなし、あらゆる要望に対処できる能力が求められます。なお、レイアウト設計では図研製のCADを使うのがほとんどですが、電気設備CADの場合はNXやCATIAを始め、企業ごとに使うCADが異なるので、幅広いCADを使えると仕事の幅も広がるでしょう。

設計に対する理解

CADオペレータにおいて必須の知識ではありませんが、電気設備や電子回路などの設計技術があると、高いスキルを持った人材として認められ、活躍の幅は広がるでしょう。特に、設計と図面作成の両方を行うCAD設計士になれれば、企業からの需要も非常に高まります。設計の知識を得るのは難易度が高いですが、業務の中で積極的に学ぶようにしてください。

フリーランスとしてのおすすめの働き方は?

それでは、実際にどのようにフリーランス案件を獲得できるのか、その方法をいくつか紹介します。

FREE AID

FREE AIDは非常に珍しい、機電系エンジニアのフリーランス案件に特化した求人サイトです。長年、機電系エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、
一般的な転職サイトと同様の転職支援が受けられるほか、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式もあり、安心してフリーランス活動が行えます。。

取引先との契約

会社員として仕事を請け負っていた取引先から、雇用形態を変えて受注を続けるという方法もあります。CADオペレーターとして高いスキルを持つエンジニアであれば契約形態を変えても契約を続けてもらえる可能性は高いでしょう。ただし、取引先が何社もあることは稀であり、特定の会社に収入を依存することとなるので、フリーランスとしてはリスクもあることを注意しておきましょう。

求人サイト・クラウドソーシングサイト

業務委託の案件を扱う求人サイトやクラウドソーシングサイトでも、基板設計に関する案件が若干数存在しています。案件自体はかなり少なめで、金額が低い場合もあるので、フリーランスとして働くには物足りませんが、副業から始めたい場合や、案件取得の一つの選択肢として押さえておきましょう。

まとめ

今回は、電気・電子系CADオペレーターがフリーランスになれるのかをテーマに、役立つ情報をお伝えしました。電気・電子系CADオペレーターは電気設備と基板パターン設計の2種類が仕事内容としてあり、どちらもフリーランスとして働ける可能性があります。自分で仕事を取得していけるよう高いスキルを持つ必要はありますが、高い収入が得られるなどさまざまなメリットが得られるでしょう。フリーランスを目指すのであれば、機電系フリーランス案件に特化した「FREEAID」をぜひご活用ください。

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 電気・電子系CADオペレーターはフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!
機電系求人一覧を見る
機電系求人一覧を見る