FREE AID

機電系エンジニア専門の求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 生産技術はフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!

生産技術はフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!

2023.10.06更新

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

生産技術は、製造業の生産現場を作る上で中核となる重要な職種ですが、フリーランスとして働くイメージを持った方はほとんどいないのではないでしょうか。本記事では、生産技術の技術者がフリーランスとして働けるのかを解説します。

生産技術の仕事内容

まずは、生産技術がどのような仕事を行うのか紹介します。

新規設備の設計

生産技術の主な仕事は、新製品を製造するための新しい生産ラインを立ち上げることです。工場内の限られたスペースを活用し、労働者の働きやすさなども考慮しながら、高品質な製品を作れる設備を設計することが求められます。

また、設備の導入には非常に高いコストが必要になるため、その妥当性を検討して経営陣に説明するのも仕事の一部となります。

既存設備の課題発見・改善

既存設備の課題点を見える化し、改善していくのも生産技術の業務内容です。生産設備の効率は、製品のコストと生産速度に大きな影響を与えます。そのため、どのメーカーでもさらなる最適化を目指し、常に生産ラインをアップデートし続けることとなります。

現状の問題点を把握して改善策を考案し、それを社内で提案していく改善プロセスは簡単ではありません。しかし、小さな発見がメーカーとしての競争力の源泉となるため、常に最新の情報を取り入れつつ、改善活動をくり返していくのが通常です。

生産技術に求められるスキル

続いて、生産技術職としてどのようなスキルが求められるかを解説します。

生産設備に関する幅広い知識

当たり前のことではありますが、生産技術職として働くには、生産設備に関する幅広い知識が必要です。生産設備自体の仕様はもちろん、製造に関わる多くの人が仕事しやすいよう、俯瞰して物事を進めていく必要があります。

そのため、実際に生産設備に関わった経験も重要となるほか、新しい知識を常にアップデートしていく姿勢も求められます。

生産性に対する意識

生産技術にとっては、労働生産性、資本生産性を常に意識し、仕事を進めていくことが重要です。労働生産性は労働者1人あたりの生産性のことで、資本生産性は設備や機械などの資本が生み出す生産性のことです。

既存設備の改善においては生産性の向上が重要なトピックですが、労働生産性・資本生産性がどの程度向上するかを把握し、コストに対するメリットを示せなければ導入はできません。そのため、効果を定量的に示し、説明できるスキルが求められます。

コミュニケーションスキル

生産技術職は、技術者の中でも特にコミュニケーション力が求められる職種です。これは、生産技術が生産設備の設計を行うという立ち位置上、設計部門、製造部門を始め、品質管理や検査部門など、幅広い部門と密に連携を取る必要があるからです。

場合によっては各部門の板挟みになることもあるため、上手くそれぞれの部門とのコミュニケーションを取りながら、最適な生産ラインを作っていくことが求められます。また、現場の声が生産効率の改善につながることも多いので、普段から関係性を構築していくような姿勢が求められます。

生産技術のフリーランス案件はほぼない

このように、非常に重要な役割をもつ生産技術職ですが、フリーランスとしての案件は基本的に存在していません。これは、企業の競争力の源泉ともいえる重要な仕事になるため、セキュリティ上外部のエンジニアに依頼しにくいという側面もありますが、今までフリーランスとして働くという常識が無かったことが大きな理由です。

ただし、フリーランスとしての働き方が一般的になってきていることもあり、今までフリーランスとしての案件が無かった製造業のエンジニアについても、案件が増加してきている傾向にあります。そのため、今後は生産技術職についても、フリーランスの案件が登場していくことが期待できるでしょう。

フリーランスを検討しているならFREEAIDへ!

実際に案件を探してみるなら、機電系のフリーランス案件に特化した求人サイト「FREEAID」を活用するのがおすすめです。長年、機電系エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、製造業とのつながりが深く、実際に生産技術職の案件も存在しています。

また、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式もあり、安心してフリーランス活動が行えます。生産技術職でフリーランスを目指すなら、必須の求人サイトと言えるでしょう。

まとめ

今回は、生産技術職がフリーランスとして働けるか気になる方を対象として、生産技術職に求められるスキルやフリーランス市場の現状などを紹介しました。生産技術職は製造業の要とも言える存在であり、製造設備に関する知識だけでなく、製造に関わる幅広い知識・経験が求められる職種です。

ただし、非常に重要な存在にもかかわらず、従来はフリーランスとして採用するといった動きはなく、ほとんど案件が存在しない状況です。唯一「FREEAID」では非常に珍しい生産技術のフリーランス案件を扱っているので、一度案件を探してみてはいかがでしょうか。

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 生産技術はフリーランスになれるのか?仕事内容なども含めて解説!
機電系求人一覧を見る
機電系求人一覧を見る