• TOP>
  • 記事一覧>
  • 生産技術がきつい理由って?業務内容や職場の環境などの特徴を徹底深掘り!

生産技術がきつい理由って?業務内容や職場の環境などの特徴を徹底深掘り!

2021.10.19更新

生産技術の仕事をしていて、きついと感じる人は多いのではないでしょうか。

生産技術は仕事の範囲が非常に広く、やりがいやスキルが身に付きやすい一方、プレッシャーが強く激務になりがちという問題点もあります。

生産技術って?

生産技術とは、製品の生産体制を築く仕事です。自社の製品をいかに効率よく生産するか、生産ラインの設計や管理を行います。それだけでなく、不足している設備の開発や、予算の確保や設備の導入のために、関係各所の調整を行ったり、上司や経営陣に対して現場の状況を報告を行ったりします。

生産技術の業務内容

生産技術の業務内容は以下のような項目が挙げられます。

生産技術の業務内容
  • 生産ラインの設計
  • 生産ラインの改善
  • 設備導入の検討
  • 設備不具合時の修理
  • 生産計画の調整、部署間の橋渡し

生産技術の仕事内容は非常に幅広いので、業務は他の職種のようにパターン化されておらず、広い裁量をもって仕事できるようになっています。

生産技術の職場環境

生産技術は設備に関する仕事が主となるため、製造現場に近い環境で仕事をすることとなります。現場に近い分やりがいも大きく、自分の仕事が成果として見えやすいですが、その分クレームや部署間の板挟みによってストレスを感じることも多いです。

企業の福利厚生は充実している傾向にありますが、長時間の業務や休日出勤などを強いられることも多いでしょう。また、生産技術は男性がほとんどを占めており、女性が働きづらい環境でもあります。

生産技術がきつい理由

企業によって待遇や仕事の範囲は異なりますが、一般的に生産技術の仕事内容はきついと言われています。その具体的な理由についてお伝えします。

休日出勤や残業が多い

生産技術は、残業や休日出勤が非常に多くなる傾向にあります。仕事が多く激務だというのもありますが、主な理由は生産ラインの改善が、平日の夜間や休日にしか行えないからです。生産ラインの改善は生産性の向上につながる重要な仕事ですが、日中は生産ラインが動いているため、作業が行えません。

生産ラインが止まっている時を狙うと、どうしても夜間や休日の作業が必要となるのです。また生産技術は仕事の範囲が広くそもそもの業務量が多いこと、さらにトラブル対応など突発的な業務も発生することも、残業や休日出勤の多さに拍車をかけています。

急なトラブルに対応しなければならない

生産技術は、突発的なトラブルへの対処も求められます。生産ラインの稼働については生産技術が責任者となるので、トラブルが発生すると、まず生産技術に連絡が入ることが多いです。生産ラインのトラブルは、そのまま生産性の低下や利益の減少につながるので、急いで対応しなければなりません。

トラブル対応中は別の仕事ができなくなり、仕事がたまっていくので大変です。また、生産技術は携帯電話を持たされることが多く、有給休暇を取得している時にもトラブルの連絡が来ることがあります。休みでもストレスを感じる原因となるので、真面目な人ほどきついと感じるでしょう。

納期のプレッシャーが強い

生産技術の仕事内容は、製品の生産日程に直接影響するため、基本的に納期遅れは許されません。納期遅れはそのまま機会損失となり、会社や関係企業に損害を与えることとなります。さらに、納期だけでなく製品の品質も確保する必要があるので、強いプレッシャーを感じることが多いです。

さらに、前工程の開発日程が遅れてしわ寄せが来たり、別件のトラブル対応で仕事が進まなかったりと、当初の予定よりも厳しい納期で仕事をしなければならない状態も頻繁に発生します。 納期に追われるプレッシャーをストレスと感じてしまう人は、特にきついと感じやすいでしょう。

品質に対する責任が重い

製造業では、製品が市場で不具合を起こさないよう、一定の品質を満たすように設計されています。生産ラインでは、設計通りに製造や組立を行うのですが、設計通りの品質を常に保ち続けるために、製造過程で不具合が起きないよう様々な工夫を行っています。

この工夫は生産技術の領分なので、生産ラインが原因で不具合が発生すると生産技術の責任となってしまいます。ソフトウェアならばアップデートで対応できますが、ハード面の不具合は修正のしようがないので、生産技術には絶対にミスがない設備を作ることが求められるでしょう。

万が一不具合が発生すると、リコールが発生したり社会的な信頼を無くしてしまったりと、会社に対して多大な損害を与える可能性があるため、品質に対する責任は非常に重いです。 特に仕事に慣れていないうちは、ミスをするたびに何度も怒られるので、きついと感じることが多いでしょう。

他部署との間で板挟みになる

生産技術の立ち位置は、設計部門と製造部門の間となります。生産ラインの設計においては、設計部門と製造部門、両方の要望を取り入れて設計する必要があるのですが、それぞれの意見が食い違うことも多く、生産技術が板挟みとなることが多いです。

それぞれの意見の調整や折衝は大変で、文句を言われることも度々あるので、コミュニケーションに慣れていない人は特にきついと感じることが多いでしょう。 また仕事の内容によっては社外の工事業者やエンジニアリング会社などとの折衝も必要となるので、人間関係で気疲れしてしまうことが多いです。

出張が多い

製造業のメーカーは様々な場所に工場を持っていますが、工場によっては技術者が不足しているので、生産技術が出張してライン設計を行わなければならないことがあります。

新製品の生産や工程改善を行うたびに出張するため頻度が多く、場合によっては数年単位で出張することもあるので、出張が好きでない場合はきついでしょう。また海外の工場を立ち上げたり、改善を行うために、海外出張する可能性もあります。長期間にわたり海外出張することもあるので注意しましょう。

危険な仕事が多い

生産技術が扱う生産ラインには、プレスやせん断、溶接など危険な工程が数多くあります。最近はどの企業も安全に対する意識が高いので、製造時に事故にあうことは少ないのですが、生産技術はその生産ラインを設計する立場にあるので、試運転中に事故にあうなどの危険もあります。

特に納期が迫っていて忙しいと注意力散漫になりやすいので、常に怪我に注意しながら仕事をしていく必要があるでしょう。 また、設備の設計にミスがあった場合、自分だけでなく生産ラインの作業者を危険な目に合わせてしまう可能性があるので、そういった面でのプレッシャーもありきついです。

工場が田舎にある

生産技術の仕事は生産ラインの設計なので、基本的にメーカーの工場で仕事を行うことになります。そしてメーカーの工場はほとんどの場合田舎にあるので、常に田舎で仕事をしていくことが求められます。近場で遊びに行くような所もほとんどないので、ストレスを解消できず困ることもあるでしょうこれは生産技術に限った話ではありませんが、都会で仕事していきたい人にはきついと感じるポイントです。

生産技術の魅力

生産技術の仕事はきついと感じる要素が多いですが、生産技術ならではの魅力もあります。ここからは生産技術の魅力についてお伝えします。

幅広い知識が得られる

生産技術は様々な工程や部署と関わるので、製造業についての幅広い知識が身に付きます。設備の設計や工程改善の知識はもちろん、機械・電気設計の知識や安全管理、コストや人材管理など、設計や管理部門のスキルなども身に付くでしょう。

製造業の幅広い知識を学べるうえ、マネジメントスキルも身につき広い視野で仕事ができるので、出世しやすい傾向があります。 また製造業は専門知識が必要とされる分、特定の分野の知識しか付かないためキャリアチェンジが難しい側面もありますが、生産技術は製品や業界に関わらず役に立つ知識を学べるので、キャリアチェンジの幅が広いのもメリットです。

仕事が成果として現れる

生産技術は、仕事の成果が形となって現れやすいです。自分が設計した設備が動き出し、狙い通りに製品を作り始めると、仕事が報われたように感じるでしょう。また、自分のアイデアで工程改善が実現すれば、利益に直結するので評価されやすく、他の工場などにも適用されるなど、広範囲に影響を与えることにもつながります。やりがいを感じられるのは、生産技術ならではの魅力です。

感謝されることが多い

生産ラインの出来栄えによって、作業者の仕事のやりやすさは大きく変わってきます。そのため、生産性が高く、使いやすい製造設備を設計できれば、作業者は喜んでくれます。スキルを活かし、頑張って作り上げた設備をほめられるのは嬉しいので、仕事のモチベーションにもつながりやすいでしょう。またベテランとしていい設備を作り続けていれば、工場の多くの人に一目置かれる存在になります。

出世しやすい

生産技術職を経験していると、出世が早いメリットがあります。生産技術は製造業の中核となる存在なので、製造業の幅広い知識を持っていることが理由として大きいです。また多くの部署とのつながりがあること、そして成果が分かりやすく評価されやすいことも理由として挙げられます。

生産技術がきつい時の対処方法

独自の魅力もある生産技術ですが、とはいっても続けるのはきつい、という方もいるかと思います。そんな時の対処方法についてお伝えします。

異動を願い出る

一つ目の対策方法は、職場は変えずに他部署への異動を願い出るということです。生産技術と他の部署では、仕事内容ややり方、大変さが大きく変わります。そのため、同じ職場であっても仕事内容が変わることで余計なプレッシャーから解放され、より楽しく活躍できる場合があるからです。

人には向き不向きがあるので、きついと感じた時に部署移動するのは逃げではなく、当然の事だと思います。 社内で異動する場合、経験のない部署でも異動できる可能性が高く、また職場の人間関係も既に構築されているのがメリットです。 事情をしっかり伝えれば、意外とすんなり受け入れられる場合が多いので、まずは一度検討してみて下さい。

転職する

異動が受け入れられなかったり、今の職場で仕事し続けるのが難しいと感じたときは、転職を検討しましょう。生産技術の仕事は忙しく、転職活動を進めるのは大変なので、まず退職を決めてしまってから転職活動を始めたほうが良いかもしれません。

生産技術の経験者は需要が多いので、比較的容易に転職先が見つかることが多いです。ただし、転職活動は相応の時間や労力がかかり、大変ではあるので注意しましょう。

フリーランスになる

転職する場合は、時間や労力がかかるだけでなく、転職先が今よりも条件が良いかは保証されないので、一歩踏み出すのをためらう人は多いのではないでしょうか。そんな場合は、フリーランスとして自分で仕事を選んでいくのも一つの選択肢です。

生産技術のフリーランス案件は一般的ではありませんが、FREEAIDでは機電系エンジニアだけでなく、生産技術のフリーランス案件も保有しているので、気になる方は求人情報をチェックしてみて下さい。

まとめ

今回は、生産技術の仕事がきつい理由と、耐えられない場合の対処方法についてお伝えしました。生産技術は激務で休みが取れない傾向にあり、かつ納期や品質に対する責任が重くプレッシャーを感じやすいので、きついと感じる人が多いです。その分製造業に関する幅広い知識が得られ、会社の中核として活躍できるメリットもありますが、不向きな人には辛い環境とも言えます。

生産技術の経験は様々な場面で活かせるので、耐えられないほどきついと感じるのであれば、部署移動や転職、フリーランスへの転身も検討しましょう。

電子工学・電気工学の専門知識が欲しいときは

電子回路の知識や組み方を勉強し、自分でものづくりができれば良いですが、知識や技術を身に着けるまでにはやはり時間がかかります。しかし、機電系のエンジニアは会社に属していることが多く、頼みづらいと思うこともあるのではないでしょうか。
電子工学や電気工学の専門的な技術・知識が欲しい!という方におすすめなのがFREE AIDです。

バナー

https://freelance-aid.com/

FREE AIDは、これまでになかったフリーランスの機電系エンジニアにむけた情報プラットフォームです。
仕事を探すフリーランスのエンジニアと、機電系のプロフェッショナル人材が欲しい企業などのマッチングを行っています。

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 生産技術がきつい理由って?業務内容や職場の環境などの特徴を徹底深掘り!