FREE AID

機電系エンジニア専門の求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 機械エンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

機械エンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

2023.10.18更新

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

機械エンジニアからキャリアアップを実現するにはどうすれば良いかお悩みですか?転職などの方法を考えていても、収入を上げていくイメージができない方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、機械エンジニアがキャリアアップしていくうえで有用な情報を紹介していきます。

機械エンジニアとは

機械エンジニアとは、さまざまな機械の構造・形状を設計する職種のことです。扱う機械の内容は多岐にわたり、スマートフォンのような手で持てるものから、電車や自動車などの大きなもの、さらにそれらを作るための装置や、発電機や石油コンビナートなどインフラに関わるものまでが当てはまります。

機械エンジニアの主な仕事内容は、製品の仕様検討とCADによる設計図の作成、そしてCAEツールを使ったシミュレーションです。企業によっては製品の製造に必要な部材などの選定も業務に含まれます。

機械エンジニアの将来性

機械エンジニアには将来性があるのでしょうか?結論から言うと、機械エンジニアは幅広いメーカーにおいて求められているため、需要は安定して存在するでしょう。これは、専門性が高く未経験から就職するのが難しいことと、機械メーカーはもちろん電機メーカーなどでも筐体設計を行う必要があるため、幅広い企業での需要があることが理由です。

また、メイテックネクストの調査結果によると、求人数が少なかった2020年と比べると2022年の求人が1.5倍になっており、最近は特に機械エンジニアに対する需要が広がっていることが分かっています。

機械エンジニアがキャリアアップするために重要なポイント

このように、高い需要のある機械エンジニアですが、その中でしっかりとキャリアアップしていくにはどうすればよいでしょうか。主なポイントを解説します。

業務に関わる知識を極める

当然のことではありますが、業務に関わる知識をどこまで有しているかが、キャリアアップの大きなポイントです。機械設計のスキルは多岐にわたるので、身に着けるには時間と経験が必要です。上司や先輩の仕事を見ながら、一つ一つの設計業務を理解していきましょう。

プロジェクトの一端を担い、一人である程度設計業務をこなせるようになれば、多くの企業から求められる人材となり、キャリアアップにも直結するでしょう。

専門外の知識を手に入れる

仕事で携わる分野以外の知識を得ることもキャリアアップに有効です。例えば、今まで使ってこなかったCADやCAEの知識を得るだけでも、スキルの領域が変わることで思わぬ道が開ける可能性があります。

また、電気・電子やITなどの知識を身につければ、機械・電気両方の観点から製品開発が行えるようになるため、非常に貴重な存在となるでしょう。特にプロジェクトマネージャーなど開発全体を俯瞰する立場になりたい時には有効です。

現状のスキルと異なる領域を勉強するのは大変ですが、キャリアアップを目指すのであればぜひ検討してみて下さい。

機械エンジニアのキャリアアップ方法

続いて、機械エンジニアからキャリアアップする具体的な手段を紹介します。

同業他社に転職する

まず、最も有効なのは同業他社の機械設計に転職することです。機械設計は多くのメーカーからの需要があるため、転職によるキャリアアップが期待できます。もちろん一定のスキルを有していることが前提ですが、社内では評価されていないスキルであっても、他社からは求められている場合もあるため、十分な待遇を得ていないと感じるのであれば試してみる価値はあるでしょう。

ただ、自身の市場価値は社内にいるだけでは掴めないため、いきなり転職活動をする前に、機械エンジニアについての知識が豊富な転職エージェントに相談するのをおすすめします。

機械系の他業種を目指す

同業他社だけでなく、他業種の機械設計に挑戦するのも有効な選択肢です。材料工学や熱力学など、機械設計に必要な基礎知識や、機械設計の経験は貴重なスキルなので、転職できる可能性は十分にあるでしょう。

ただし、他業種の場合は必要な知識の幅が広がるため、新しい知識を得ていく積極性が求められることには留意しましょう。

フリーランスとして独立する

既に十分なスキルを手に入れたと感じているなら、独立してフリーランスで働くのも一つの選択肢です。スキルに合った高い収入を得られるほか、仕事の時間を柔軟に決められるメリットもあるので、仕事に対する満足度を大きく高められる可能性があります。

機械設計のフリーランス案件は多くはありませんが、CAD設計などパソコン1つで作業できる内容もあるため、一度検討してみても良いでしょう。

フリーランスを検討しているならFREEAIDへ!

フリーランスになることを選択肢としてお伝えしましたが、フリーランスは営業なども全て自分で行わなければならず、教育の機会も少ないなどのデメリットもあります。そのため、フリーランスとして働くのを検討しているなら、機電系のフリーランス案件に特化した求人サイト「FREEAID」を活用するのがおすすめです。

「FREEAID」なら、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式があるため、安心してフリーランス活動が行えます。また、機電系エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、機械設計に関する求人も充実しています。迷っている方は、一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、機械設計者がキャリアアップしていく上で有用な情報をお伝えしました。機械設計は幅広いメーカーにおいて安定した需要があるため、キャリアアップの選択肢も多くあります。

キャリアアップを目指すのであれば、求められるスキルを積極的に取得し、転職やフリーランスへの転身などを行うのが有効です。フリーランスを目指す場合は、機電系フリーランス案件に特化した「FREEAID」をぜひご活用ください。

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 機械エンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?
機電系求人一覧を見る
機電系求人一覧を見る