• TOP>
  • 記事一覧>
  • 【未経験必見】AWSエンジニアを目指す方法!スキルアップや将来性など徹底解説!

【未経験必見】AWSエンジニアを目指す方法!スキルアップや将来性など徹底解説!

2021.10.19更新

今や様々な業界が展開・活用するサービスやシステムの多くを担っている「AWS」。そんなAWSに関する深い知識と技術を持つ「AWSエンジニア」は、世界的に高い需要があるとされています。そこで今回は、AWSエンジニアを目指す方法や将来性について解説していきましょう。

 

AWSって何?

アマゾンが提供するクラウドサービスのこと

「AWS」とは「アマゾンウェブサービス」の略称であり、大手通販サイトが有名な『Amazon(アマゾン)』が提供しているクラウドコンピューティングサービスのことです。データ移行の高速化やサーバー運用・セキュリティ面の強化も図れることから、クラウド分野において世界トップシェアを誇っています。

日本国内においても、今やWebサービスの構築・運営だけに留まらず、政府・教育機関・医療などといった、様々な分野において活用されています。そんな開発の自由度が高いAWSの活用技術は、今や技術者・エンジニアたちの間でも注目のスキルの1つなのです。

サーバーの構築から活用までを担える

「AWS」と一言で表しても、100種類以上ものサービス内容が存在しており、サービスの基盤となるサーバーの構築から、実際のサービス展開までのほとんどを担えるとされています。 AWSエンジニアが携わることが多いのはサーバー構築・運用が中心ですが、他にもAWSで作られたサーバーを拠点に、オリジナルコンテンツの配信・データベース作成なども可能です。

AWSエンジニアの仕事内容は?

①システム開発環境の整備

1つ目の仕事内容は「システム開発環境の整備」です。「エンジニア」といっても、ただ設計や開発を行うだけではありません。AWSを使って様々なシステム・サービスを展開するためには、まずはじめに最適な開発環境を整える必要があります。

AWSエンジニアは、開発スケールやコスト面などをチェックしながら、ぴったりなストレージ規模やサーバー数・システム開発の方針を提案・整備します。開発環境をしっかり整えていないと、開発が効率よく進まなかったり、完成したサービス・アプリケーションの品質が落ちてしまったりする場合もあるため、かなり重要な仕事です。

②インフラの設計・構築

2つ目の仕事内容は「インフラの設計・構築」です。最適な開発環境が整ったら、本格的な開発業務が始まります。AWSエンジニアは開発要件・仕様書の内容に基づいて、正しくシステムやサービスが展開できるように設計や構築を行います。構築が完了しても、実際に運用した時に不具合が出てこないように、何度もテストやモニタリングを繰り返し、システムにさらに磨きをかけていくことも大切です。

③AWS環境の運用

3つ目の仕事内容は「AWS環境の運用」です。AWSエンジニアの仕事は「開発すれば終わり」というものではありません。開発が終わった後には、構築したインフラ上で展開されているシステム・サービスが安全に稼働できるように監視・メンテナンス作業にあたることもあります。

細かな不具合への対処はもちろん、ウイルス・セキュリティ対策なども行います。また、システムやサービスがより効率よく運用できるように、処理などを自動化できるスクリプトを作成することも少なくありません。改善を重ね、インフラの稼働環境を安全かつ安定したものにするのも、AWSエンジニアの大切な仕事です。

AWSエンジニアが活躍できる仕事・企業は?

①Webサービス関連企業

1つ目は「Webサービス関連企業」です。AWSエンジニアが活躍できるメインとなる仕事ともいえるもので、データベースの構築や広告・マーケティングの効率化を図るシステムの設計を担当することが多くあります。

またビジネス・マーケティング分野の場合、システムの構築だけでなく、開発したデータベースを活用し、データ分析を行うデータアナリストのような業務をこなす場合もあります。AWSエンジニアが活躍する仕事のなかでも、特に業務内容の幅が広い分野です。

②ゲーム開発企業

2つ目は「ゲーム開発企業」です。昨今のゲームアプリ・オンラインゲームにはシステムの基盤にAWSを活用していることも少なくありません。AWSエンジニアは、リリースしたいゲームの仕様・運用方針などを話し合い、最適な環境を整備するのが主な仕事です。

こまめなゲームデータの管理・システムメンテナンスなども必要なうえ、アプリのバージョンアップによって仕様が変わった時の対処・再構築なども担当します。「自分で面白いゲームを開発したい」というエンジニアにはぴったりな分野です。

③製造業・メーカー

3つ目は「製造業・メーカー」です。製造業においても、製造時のコストカット・効率化を図るために、製造マシンやデータの管理・運用・分析にてAWSを活用している企業も増えています。AWSエンジニアは主に、製造工程をスムーズにできるマシン・システムの開発や、ユーザーからの反響・収益などの膨大なデータの活用などを担当します。

ゼロからAWSエンジニアになるには?

①テキスト・動画で勉強する

1つ目は「テキスト・動画で勉強する」という方法です。AWSはエンジニア業界において高い注目を誇っていることもあり、初心者向けの基礎テキストから、スキルアップを目指す技術者のための本まで、多彩な書籍が販売されています。

そのため、AWSエンジニアになるには、最初に初心者向けのテキストを使って基礎知識・専門用語への理解を深めておくことが大切です。昨今はインターネット上や通信講座において、AWSの学習に活用できる動画が配信されていることもあるため、書籍で理解が難しい時には活用するのも良いでしょう。

②通信講座・スクールを活用する

2つ目は「通信講座・スクールを活用する」という方法です。AWSの学習は独学で行うのが一般的であることもあり、AWSエンジニアへの就職・転職などをメインとした通信講座は少ない傾向にあります。しかし、AWS関連資格の取得・活用を目的とした講座・スクールを利用すれば、AWSを活用するうえで必要な知識を深めることが可能です。

また、一般的なIT関連の通信講座のなかにも、クラウドソリューシングの知識が学べる項目があれば、活用してみるのもおすすめです。AWS以外のクラウドサービスや運用方法に関する理解を深めることで、AWSエンジニアとして現場で活躍し始めた時でも柔軟に対応しやすくなります。

③IT関連企業に就職・転職して経験を積む

3つ目は「IT関連企業に就職・転職して経験を積む」という方法です。AWSエンジニアの求人のなかには、応募の際に開発ソフトの活用経験・実務経験が問われることも少なくありません。そのため、知識や経験が足りていない初心者の場合、最初からAWSエンジニアになるにはハードルが高い傾向があります。

そんな時はまず、AWSエンジニアに関連する業務内容であるインフラエンジニアやプログラマーなどの職種で経験を積むのがおすすめです。AWSを上手く活用する時には、AWSへの理解はもちろん、高い開発・運用スキルが必要になるため、あらかじめ実務経験を積むことで、即戦力として活躍できるようになります。

④未経験OKの求人に応募する

4つ目は「未経験OKの求人に応募する」という方法です。AWSをはじめとしたエンジニア業界は担い手が少なく、常に人手不足に悩まされています。そのため企業によっては、未経験から人材を育成するために「未経験OK」の求人を出していることも多いです。

未経験でAWSエンジニアとして採用された場合、最初は本格的な開発業務に携わることは難しいですが、初心者でも現場で様々なソフト・システムを通してスキルアップができる点が魅力です。基礎知識は学んだけれど、実務経験がない初心者エンジニアにはぴったりの方法といえます。

AWSエンジニアのスキルアップにおすすめの資格は?

①AWS認定ソリューションアーキテクト・アソシエイト

1つ目は「AWS認定ソリューションアーキテクト・アソシエイト」です。AWSに関する知識はもちろん、安全なアプリ・システムの構築ができる力を認定する資格となっています。試験はAWSの実務経験1年以上の人を対象としているため、給料・年収アップを考えているAWSエンジニアにはぴったりな資格です。

②AWS認定デベロッパー・アソシエイト

2つ目は「AWS認定デベロッパー・アソシエイト」です。AWS認定資格のなかでは中級者向けとされており、主にAWSを使ったアプリ開発・保守技術を認定する資格となっています。AWSを使用したアプリ開発・保守経験が1年以上の人を対象としているため、特にゲームやWebサービスの開発に携わるエンジニアにおすすめです。

③Linux技術者認定資格(LinuC)

3つ目は「Linux技術者認定資格(LinuC)」です。トップクラスの世界シェアを誇るサーバーOS「Linux」の技術者認定資格であり、エンジニアに関する資格のなかでも特に有名なものの1つとなっています。

知識の深さ・難易度に合わせてレベルが設けられており、初心者はレベル1~2程度を取得しておくと、サーバー開発に関する知識が付いているとみなされます。AWSだけでなく、インフラエンジニア・プログラマーになるうえでも重宝されるため、これからエンジニアを目指す方も取得しておきたい資格です。

④Google Cloud認定資格

4つ目は「Google Cloud認定資格」です。「Google Cloud」はAWSと同様のクラウドサービスであるため、活用知識・技術を持っておくことで、別のインフラで開発していたシステムを効率よく移行できるようになります。そのため、携われる業務の幅を広げたいAWSエンジニアにはぴったりの資格です。

AWSを使う技術者の需要・将来性は?

クラウド化に伴い求人数はアップする

AWSはすでに様々な業界で導入されており、コストを抑えるために、作業中のデータ共有などをAWSで開発されたクラウドで行っている企業も多くなっています。今後さらなる業務のクラウド化に合わせて、基盤となるAWSの開発・運用知識を持つエンジニアの求人数は増加することでしょう。

AWSを使ったサービスの多様化により需要が高まる

AWSはアイデア1つで、様々な活用方法が可能なことから、将来的には現在よりもAWSを活用したサービスが多様化していくことが予想されます。そのため、AWSエンジニアの豊富な知識・技術は、各企業のサービス展開においてなくてはならないものになっていくでしょう。

シェア拡大によって世界で活躍できるようになる

調査会社Canalysが発表したデータによると、2021年第1四半期におけるAWSの世界シェアは、クラウド市場全体の32%であり、世界的にも注目度の高いサービスといえます。そのため、サービスの多様化・業務のクラウド化と併せて、世界的にも更なるAWSエンジニアに対する安定した需要が見込めるでしょう。

多彩な分野で活躍できるAWSエンジニアを目指そう!

AWSは様々なシステムやサービスの基盤となっていることから、豊富な知識・技術を有するエンジニアの存在は、今後様々な企業で重宝されていくことでしょう。これからエンジニアの勉強をする予定の方は、ぜひ多彩な分野での活躍が見込める、AWSエンジニアの道も考えてみてはいかがでしょうか。

電子工学・電気工学の専門知識が欲しいときは

電子回路の知識や組み方を勉強し、自分でものづくりができれば良いですが、知識や技術を身に着けるまでにはやはり時間がかかります。しかし、機電系のエンジニアは会社に属していることが多く、頼みづらいと思うこともあるのではないでしょうか。
電子工学や電気工学の専門的な技術・知識が欲しい!という方におすすめなのがFREE AIDです。

バナー

https://freelance-aid.com/

FREE AIDは、これまでになかったフリーランスの機電系エンジニアにむけた情報プラットフォームです。
仕事を探すフリーランスのエンジニアと、機電系のプロフェッショナル人材が欲しい企業などのマッチングを行っています。

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 【未経験必見】AWSエンジニアを目指す方法!スキルアップや将来性など徹底解説!