FREE AID

機電系フリーランスエンジニア求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 組み込みエンジニアがフリーランスになるには?求人探しの方法を紹介!

組み込みエンジニアがフリーランスになるには?求人探しの方法を紹介!

2023.09.22更新

機電系エンジニア必見!!貴重なフリーランス案件はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

組み込みエンジニアとして働いている方の中には、フリーランスとしての働き方を検討している方も多いと思います。フリーランスという働き方は収入や働き方に柔軟性を持たせられるためおすすめですが、実際に動き出すとなるとハードルが高いのではないでしょうか。

そこで本記事では、組み込みエンジニアに求められるスキルやおすすめの求人サイトなど、フリーランスになるための情報を解説します。

組み込みエンジニアの仕事内容

組み込みエンジニアは、自動車、家電製品、医療機器など、さまざまな製品に使われる「組み込みシステム」を開発する職業です。まずは、組み込みエンジニアがどのような仕事をしているか、主な流れを紹介します。

要件定義

組み込みエンジニアの仕事は、新製品に対する要望を聞き、それを製品としてどのように実現するかを決める「要件定義」から始まります。この工程で開発の規模やコストが決まるため、非常に重要な工程です。

要件定義は製品全体に関わるので、組み込みエンジニアだけではなく、ハードウェアの設計者や商品企画部などと協力して作っていくのが一般的です。

システム設計

要件定義が決まったら、それをシステムの仕様としてどのように落とし込むかを設計します。機能ごとにブロック分けを行い、必要な機能が作れるように仕様を作っていきます。

こちらも全体像を掴み、適切な設計が行えるエンジニアでないと作れないため難易度が高いです。また、それぞれのブロックを担当する設計者に誤解なく伝えなければならないため、一定の知識・経験が必要となります。

プログラミング・実装

システム設計が終わったら、仕様書をもとに実際にプログラミングを行い、システムを実装していきます。この段階ではハードウェアも完成していないので、都度シミュレータなどを活用してミスなく実装できるよう工夫します。

なお、大きな企業になるほどこの工程は外注することが多いため、設計者が直接作業を行うことは少ないです。ただ、その場合でも要望とのずれが無いかなどを都度確認しながら進めていかなければならないので、成果物を見て理解できるだけの能力は必要です。

テスト・デバッグ

プログラミングが完成したら、実際に製品に搭載してテストを行います。初めから完璧な製品ができることはないので、細かなバグや仕様と異なる部分を洗い出していき、デバッグを行って完成品に近づけていきます。

組み込みシステムはリリース後に更新できないのが普通なので、特にバグに対する基準が高く、厳格にテストを行う必要があります。そのため、非常にかかる工数が多いです。

組み込みエンジニアに求められるスキル

それでは、組み込みエンジニアに求められるスキルについて紹介します。

プログラミングスキル

当然ではありますが、組み込みエンジニアとして働くにはプログラミングのスキルが必須です。組み込みシステムではC言語やJAVA、アセンブラなどの言語が求められるので、これらを書けるようになる必要があります。

また、マイコンに実装しやすく、リアルタイム性を重視したOSが求められるので、Linux等組み込みOSに関する知識も重要です。さらに、組み込みシステムにおいては、高い安全性や信頼性を持つプログラムが求められるため、ミスの少ない設計が行えるスキルが重要視されます。

ハードウェア設計に関する知識

組み込みエンジニアの場合、一般的なITエンジニアとは異なりハードウェア設計に関する知識が求められることも多いです。パソコンなどの汎用機器とは異なり、組み込み機器はハードウェアも都度新しく設計されます。すると、ハードウェアの仕様が毎回異なるので、組み込みエンジニアはハードウェアの設計内容も理解してそれに合ったプログラミングを行う必要があります。

ハードウェアのブロックや回路図を見て、どのような仕様になっているかを理解する能力や、実機テストで不具合が生じた際、ハードとソフトのどちらに原因があるかを切り分ける能力などが求められるでしょう。

フリーランスとして働く上での注意点

組み込みエンジニアは、上記のスキルを有している場合、フリーランスとして働ける可能性は十分にあります。ただし、フリーランスにはメリットだけでなく、デメリットもあることに注意した上で働き方を変える必要があります。

まず、フリーランスの場合は会社の支援を受けられず、営業や事務作業なども全て自らで行わなければなりません。また、1回の契約期間は短いことが多く、常にクライアントの要求を満たしていくような仕事の仕方が求められます。エンジニアとしてのスキルが十分あっても、取引先との人間関係が上手くいかないなど、様々な理由で契約が終了してしまう危険性があるでしょう。

そのため、フリーランスとして安定した仕事を得るには、エンジニアとしてのスキルはもちろん、取引先とのコミュニケーションや営業に関する能力も必要です。フリーランスだからこそ必要となるスキルをどう磨くか考えた上で、働き方を選ぶようにしてください。

フリーランスとしてのおすすめの働き方は?

注意点を強調してお伝えしましたが、組み込みエンジニアにとってフリーランスという働き方はメリットが多いです。そこで、組み込みエンジニアでフリーランスを目指す方に向けて、おすすめの働き方を紹介します。

FREE AID

FREE AIDは非常に珍しい、機電系エンジニアのフリーランス案件に特化した求人サイトです。長年、機電系エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、組み込みエンジニアについても知識が深く、一般的な転職サイトと同様の充実した転職支援が受けられます。

また、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式もあり、安心してフリーランス活動が行えます。組み込みエンジニアでフリーランスを目指すなら、必須の求人サイトと言えるでしょう。

ITエンジニアのフリーランス向け求人サイト

レバテックフリーランスなど、ITエンジニア向けのフリーランス求人サイトでも、組み込みエンジニア向けの案件が見つけられます。フリーランスを前提とした案件が多く、企業としても業務委託の経験が豊富でサポートを受けやすいため、フリーランスとして活動しやすいメリットがあります。

ただ、ある程度のフォロー体制はあるものの、FREEAIDのようなフルサポートではないため、ある程度自信がある人におすすめです。

クラウドソーシングサイト

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトでも、組み込みエンジニアに関する案件が存在しています。実際に、クラウドワークスでは「製品設計・開発」というジャンルでの求人があり、組み込みシステムに関する案件が若干数存在しています。

ただ、こちらはあくまで副業で受注できるような案件が一般的であり、案件数も多くないので、フリーランスとして働くには物足りないと言えます。

まとめ

今回は、組み込みエンジニアがフリーランスとして働く上で求められるスキルや注意すべき点、仕事の取り方などを解説しました。組み込みエンジニアは自動車や家電製品などの組み込みシステムに搭載するプログラムを組む仕事で、プログラミングに関する知識のほか、ハードウェアに関する知見も求められます。フリーランスとして働く上では注意点もあるため、全ての方にお勧めできるわけではありませんが、組み込みエンジニアは需要も多く、高い収入を得やすいでしょう。

なお、フリーランスとして活動したいと思いながらも自信がない場合は、サポートが手厚い支援サービスを利用するのがおすすめです。特に「FREEAID」はMESS契約というフリーランスをフルサポートする体制が整っているため、フリーランスとして活動し始めたい場合は利用してみてはいかがでしょうか。

フリーランス×機電系エンジニア!高単価求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 組み込みエンジニアがフリーランスになるには?求人探しの方法を紹介!
【貴重!】機電系フリーランス案件を見る
【貴重!】機電系フリーランス案件を見る