FREE AID

機電系フリーランスエンジニア求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 電子回路のスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

電子回路のスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

2023.11.29更新

機電系エンジニア必見!!貴重なフリーランス案件はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

機械・電気系の製造業において欠かせない存在の電子回路エンジニア。どのようにキャリアアップできるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。本記事では、電子回路エンジニアに求められるスキルと、代表的なキャリアパスについて紹介します。

電子回路設計エンジニアはキャリアアップしやすい

まず前提として、回路設計エンジニアはキャリアアップしやすいという特徴があります。近年は電子機器はもちろん、各種機械にも電子回路は必ず使われているので、電子回路エンジニアは多くの企業に求められています。また、IoTやAIなどの発展に伴って電子デバイスの数が一気に増大したため、近年ではさらに需要が高まっている状態です。

一方、ハードウェアエンジニアはITエンジニアと比べると地味なイメージもあり、エンジニアの数は増えていません。これらの事情から、回路設計エンジニアは常に売り手市場になっており、転職などでキャリアアップできる可能性は高いといえます。

電子回路設計エンジニアのキャリアアップで求められるスキル

それでは、電子回路エンジニアがキャリアアップする上でどのようなスキルを有していればよいか解説します。

回路設計の実務経験

当然ではありますが、最も重要なのは回路設計に関する実務経験です。回路設計は稼働する環境によって様々な影響を受け、想定外の問題が数多く生じます。そのため、一般的な知識だけでなく、経験をもとにしたノウハウが非常に重要視されます。

これらのノウハウは各エンジニアに蓄積されており、現場で一つずつ学んでいく必要があるため、実務経験は必ず必要となるでしょう。また、単純に業務をこなすだけでなく、積極的に経験豊富なエンジニアに教えを受け、ノウハウを吸収していく姿勢も重要です。

開発工程全般に対する理解

プロジェクトマネージャーなど、責任ある立場としてプロジェクトを進める場合、開発に関わる他部署とのやり取りも重要となります。特に生産技術や生産管理など、製造部門との連携は開発を進めるのに欠かせません。

これらの部署でどのような業務を行っているか理解しておけば、連携する際に物事がスムーズに進みます。また、開発全体を高い視野で見ながら進められるので、信頼されるエンジニアとして評価が得られるでしょう。

コミュニケーションスキル

電子回路エンジニアがキャリアアップする上では、コミュニケーションスキルも重要な要素です。設計・開発では他部署との連携はもちろん、取引先とのやり取りも意外と多いため、コミュニケーション力を求められるシーンは意外と多いです。

一方で、エンジニアはコミュニケーションが苦手な人が多いので、スムーズなやり取りができるだけでも高い評価が得やすいです。周囲との関係性を上手く構築できるよう、トレーニングを行うと良いでしょう。

電子回路設計エンジニアの主なキャリアパス

続いて、回路設計エンジニアが選べる主なキャリアパスを紹介します。

プロジェクトマネージャー

最も一般的なのは、現状の業種において経験を積み、プロジェクトマネージャーとして活躍するキャリアパスです。設計開発部門の責任者として各部署とやり取りを行うため、エンジニアのプロとして一目置かれる存在となります。そのため、深い知識・ノウハウを有していることが求められます。

また、プロジェクト全体を俯瞰し、適切に進捗を管理することも求められるので、マネジメントスキルも学んでいく必要があります。

異業種への転職

回路設計エンジニアには、異業種のメーカーへの転職という選択肢もあります。これまでのスキルを活かしつつ、新しい経験を積むことで、さらなる専門性を得られるでしょう。また、回路設計エンジニア以外にも、近年非常に進歩しているIoT・AIなどエンジニアが少ない分野や、サービスエンジニアや電気系の商社への転身などといった選択肢もあります。

貴重な回路エンジニアとしての知見を活かし、キャリアの可能性をぜひ広げてみて下さい。

フリーランスになる

現在は一般的とは言えませんが、フリーランスとして働く、という選択肢も検討の余地があります。近年ではITエンジニアを中心にフリーランスという働き方が普及し始めており、電子回路エンジニアにおいても今後フリーランスの求人が増えていく可能性があります。

自身のスキルを試したい方や、自分の裁量で仕事を進めていきたい方は、選択肢として考慮してみては如何でしょうか。

フリーランスを検討しているならFREEAIDへ!

回路設計エンジニアにとっては馴染みがないと思いますが、エンジニアにはフリーランスで働くという選択肢も存在します。ハードウェア設計の場合はフリーランスとしての働き方が浸透していませんが、今後は増加していくことが期待されるため、回路設計エンジニアにもフリーランス案件が増えていく可能性があります。

フリーランスになることを検討しているなら、機電系のフリーランス案件に特化した求人サイト「FREEAID」を活用するのがおすすめです。「FREEAID」なら、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式があるため、安心してフリーランス活動が行えます。

また、機電系エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、半導体設計エンジニアのフリーランス案件について最新の求人を見つけられる可能性があります。迷っている方は、まず一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、電子回路設計エンジニアがキャリアアップするために必要なスキルやキャリアパスについて解説しました。回路設計のスキルは貴重であり、キャリアアップがしやすいという特徴があります。スキルが活かせる別業種・職種へのキャリアチェンジのほか、現状は一般的でないもののフリーランスとしての働き方も今後は期待できるので、ぜひ様々な選択肢を考慮してキャリアアップを目指すようにしてください。

フリーランス×機電系エンジニア!高単価求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • 電子回路のスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?
【貴重!】機電系フリーランス案件を見る
【貴重!】機電系フリーランス案件を見る