FREE AID

機電系エンジニア専門の求人情報サイト「フリーエイド」

  • TOP>
  • 記事一覧>
  • ソフトウェアエンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

ソフトウェアエンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?

2024.02.25更新

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶

この記事を書いた人

機電系専門ライター Div.長谷川

長谷川

FREE AID編集部 機電系専門ライター Div.
アナログ回路設計・営業を経験した後ライター&ディレクターとして独立。
電気電子・ITジャンルを得意とし、正確で分かりやすい情報の発信を行っています。

ソフトウェアエンジニアとしてのスキルを持っているけれど、これからどんなキャリアを積み上げていけばいいか分からない・・・そんな悩みをお持ちではないでしょうか。本記事では、そんなエンジニアに向けて、キャリアアップに役立つ情報を分かりやすく紹介します。

ソフトウェアエンジニアがキャリアを考える上でのポイント

続いて、今後のキャリアを考えていく際に重要なポイントをお伝えします。

現状を把握する

まずはキャリアの方向性を決めるため、現状の分析を行うことから始めましょう。キャリアを積み重ねるためには、自分の強みや経験を活かしていくのが有効です。キャリアチェンジを考えている場合でも、ゼロベースで考えるのではなく現状からどの部分を変えたいのか明確にしてキャリアパスを考えられれば、スキルが無駄にならずキャリアアップが速くなるでしょう。

キャリアパスを立てる

現状分析が終わり自分の強みが分かったら、キャリアパスを立てていきましょう。ここで重要なのは、気になるキャリアが見つかったらしっかりとリサーチを行い、現実的に達成可能かを判断してから計画に織り込むことです。特に計画段階では厳しめの目標を立ててしまいがちなので、少し余裕を持って計画を立てると良いでしょう。

プランに沿って行動する

ある程度自分が納得できるキャリアパスが立てられたら、実際に行動を始めましょう。行動するのは心理的なハードルが高いですが、できるだけ速く行動に移した方が大きなメリットを得られます。

また、行動してみると現実との差や世の中の変化なども良くわかるようになるので、得られた結果をもとにキャリアパスを修正していくことで、よりよいキャリアが作れるようになるでしょう。

ソフトウェアエンジニアのキャリアプランの描き方

それでは、ソフトウェアエンジニアがどのようにキャリアプランを選択していけばよいか、考えるべきポイントを解説します。

開発かインフラか

まずは、開発エンジニアとインフラエンジニア、どちらの開発を選択するか考えましょう。
開発エンジニアは顧客に要求されるアプリやシステムを構築するエンジニアで、Webエンジニアやシステムエンジニアなどが職種として該当します。

一方インフラエンジニアはソフトウェアが動く基盤(インフラ)を整えるエンジニアです。
サーバーエンジニアやネットワークエンジニアなどが職種として該当します。仕事の進め方や扱う言語、働く先の企業が大きく変わってくるので、どちらが自分に合っているか考えることが大事です。

スペシャリストかジェネラリストか

将来的にキャリアアップした結果、スペシャリストとジェネラリスト、どちらの働き方をしたいかも重要です。エンジニアとしてのスキルを突き詰めていきたいなら、特定分野に強いスペシャリストとして頼られる存在になると良いでしょう。

一方でプログラミングに特化するのではなく、広い視野を持って仕事を進める立場になりたいなら、部門をまたいで活躍するジェネラリストを目指すのがおすすめです。特にジェネラリストの場合は複数の専門分野を学んだり、マネジメントスキルを得たりする必要があるので、業務外でも積極的に学びを広げる必要があります。

正社員かフリーランスか

正社員とフリーランス、どちらの働き方を選択したいかも大きなポイントです。正社員は組織の一員として働く中で上司や同僚から様々なスキルを学べるほか、安定した給与が得られるなどのメリットがあります。

一方、フリーランスの場合は高い収入を得ながら仕事の時間を自分でコントロールできるメリットがあります。高いスキルを求められることや収入が安定しないなどのリスクもありますが、自分のスキルを活かして活躍したい人には合っているでしょう。

フリーランスを検討しているならFREEAIDへ!

上記でフリーランスについて言及しましたが、フリーランスになることを検討しているなら、機電系のフリーランス案件を多く扱う求人サイト「FREEAID」を活用するのがおすすめです。フリーランスとして活動していく上で最も大きな課題になるのが、仕事をどうやって見つけていくか、ということです。

自分で営業を行うのも良いですが、継続するのは簡単ではありません。一方「FREEAID」なら、商談から教育まで、フリーランスとしての活動をフルサポートする「MESS契約」という方式があるため、安心してフリーランス活動が行えます。また、エンジニアの人材紹介を行っている株式会社アイズが運営しているため、各種メーカーとのつながりが強く、各種ソフトウェアエンジニアに対する知見も深いです。迷っている方は、一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、将来のキャリア形成に悩んでいるソフトウェアエンジニアに向けて、キャリアアップに有益な情報を紹介しました。ソフトウェアエンジニアには多種多様なキャリアの道がありますが、その分自分で方向性を決めて行動していかなければ、満足できるキャリアパスを歩めない可能性があります。そのため、自分の強みを把握した上で、できるだけ早く自分の歩みたいキャリアを決めて行動すると良いでしょう。

なお、ソフトウェアエンジニアにはフリーランスという働き方も一般的ですが、フリーランスとして活動したいと思いながらも自信がない場合は、サポートが手厚い支援サービスを利用するのがおすすめです。特に「FREEAID」はMESS契約というフリーランスをフルサポートする体制が整っているため、フリーランスとして活動し始めたい場合は利用してみてはいかがでしょうか。

高収入も可能!機電系エンジニア求人はこちら ▶
  • TOP>
  • 記事一覧>
  • ソフトウェアエンジニアのスキルと経験を活かして今よりキャリアアップするには?
機電系求人一覧を見る
機電系求人一覧を見る